未曾有の大災害となった阪神淡路大震災以降、新潟県中越地震、東日本大震災と各地で大型地震や台風による自然災害で多くの家屋が倒壊し、耐震・耐風雨で建物への不安が広がっています。また、耐震偽装という社会的問題も発生し、否応なしに建物の構造に対する関心が強まっています。長年、地域密着の工務店として住宅建築に携わってきたコーヨークリエイトは、構造への不安を解消し、より多くの人々が安心して暮らせる家作りを考えてまいりました。そして、研究と試行錯誤を重ねた末に、伝統的な木造建築の良さを活かしつつ、木材に比べ強度が強い鋼材を使用し、新しい建築構造体の開発に成功しました。アルファベットの「K」の字に似ていることから、「K型フレーム」と名付けた当社の新しい構造体は、建築のまったく新しい骨組みと言えるものです。
強度や耐久性のみならず設計性・施工性ともに優れている為、狭い敷地を有効に活用した3階建て住宅や、マンション・アパート・高齢者向け施設など、様々な建築に対応することができます。
安心で住みやすく、設計自由度が高い当社のK型フレーム構法で、快適な暮らしを実現してください。
鉄は燃えにくい上に強度が高く、大きな力が加わっても変形で対抗するという特徴の建築材料です。すなわち構造を鉄骨とした建物は、大きな変形力のかかる地震への耐震力をもっている材料といえます。K型フレームはそんな鉄材を使用し、さらに地震に強い形状を考えて作られた構造体です。
 
鉄材は木材特有の経年変化がありません。経年変化と乾燥収縮、反り、割れ、ねじれ等です。木材で問題となるたわみも少なく、年月が経ち、たわみが進行していくクリープ現象もありませんので、耐久性にも優れた材料と言えます。もちろん、シロアリの心配も無用です。
K型フレームでは鉄材の欠点である錆対策として、板厚の薄い材料には溶融亜鉛メッキ、板厚の厚い材料には錆止め塗装を標準として出荷しております。また、全てを亜鉛メッキにすることも可能です。
 
快適な住み心地とはどんなものでしょう?自由な間取り、立地条件、装備・・・といろいろありますが、お施主様の要望、設計者の考え方、施工者の技術のすべてが重なり合わないと快適で住み心地のよい建物はできないでしょう。K型フレーム工法だと工事困難な狭小地でも小型クレーンで施工可能になり、立地条件が選びやすくなります。比較的自由度の高い設計が可能となります。施工においても柱や梁に出っ張りがなく、わずらわしい工事が軽減できるため、トラブルも減少します。皆様にとって住み心地がよい建物ができるように、少しでもお手伝いさせていただければと思います。